父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

担保物件は本人以外の名義でも大丈夫!

更新日:

担保物件は本人以外の名義でもOK!

担保となる物件の名義が融資を希望している本人のものでなくていけないと考えがちですが、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは、『担保物件が本人以外の名義でもOK!』なんです。原則としては、借り手本人の名義であることが担保物件の条件ではあるもののきちんと同意を得た上であれば、第三者の方から提供してもらう担保物件でも融資が可能なんです。

必見 第三者担保提供ローンで融資してくれるところはこちらです!

親の名義の不動産を担保に借りることができます

家族所有の不動産を担保に借りることができます

共有名義の不動産を担保に借りることができます

他人名義の不動産を担保に借りることができます

自分名義の不動産がないときでも借りることができます

自分名義以外の不動産を担保に融資してくれるところはこちら

名義変更するときにも使える不動産担保ローン

名義変更する際にも利用できる不動産担保ローンはこちら

このような場合でも不動産担保ローンの利用できます!

担保提供者が上司で、血縁関係でなくても不動産担保ローンは利用できるんです!

ユニバーサルコーポレ-ションは、『第三者担保提供ローン』での取り扱いが可能です。第三者担保提供ローンは、申し込みする方と担保提供者の方の関係について決まりはありません。家族や親族などの血縁関係ではない場合でも、担保を提供する方がローン内容を理解した上で不動産の担保化に同意してくれるのであれば、通常の不動産担保ローンと変わりなく利用できることになります。

妻名義の土地を担保にして事業資金を借りることもできるんです!

ユニバーサルコーポレ-ションの不動産担保ローンの使いみちは自由です。事業資金としても問題なく利用可能です。不動産の名義人以外の方でも名義人の方の同意があれば親族の方でも親族以外の方でもどなた名義の不動産でも担保として取り扱いができます。

祖母所有の不動産を担保にして不動産担保ローンは借りれます!

ユニバーサルコーポレ-ションの不動産担保ローンは、お祖母さまの意思能力に問題がなく不動産担保ローンの内容を理解した上で担保化に同意してくれるのであれば、問題なく利用が可能です。申し込み者の方と別の方の名義の担保でも、評価や審査に不利になることはありません。

亡くなった父の不動産を担保に不動産担保ローンは借りれます!

亡くなられた方の名義のままの場合は、同意を得ることができないため、申し込み者の方の名義になるように不動産の相続手続きをすることにより問題なく融資が可能になります。ユニバーサルコーポレーションでは、名義変更の手続きについてもサポートをしています。

25歳の子どもの名義になっている不動産を担保に不動産担保ローンを借りれます!

申し込み者の方と別の方の不動産を担保にされる場合、担保にする不動産の名義人の方の同意が必要です。また、このケースでは名義人であるお子さまが成人していることもあり、お子さまの同意があれば不動産担保ローンのご利用が可能となるんです。ローン内容を理解した上での担保化に同意していただければ、通常の不動産担保ローンと比べて審査が不利になったりするようなこともありません。

自分名義の不動産はないが、妻の父親の不動産を担保にして事業資金を借りることはできますか?

担保にする不動産の名義人である義父さまが、ローン内容をご理解された上で担保化に同意してくださるのであれば、問題なく不動産担保ローンの利用が可能です。またユニバーサルコーポレーションでは融資した資金の使いみちは自由となっているため、事業資金としても利用いただくことができます。

本人以外の名義でも不動産担保ローンが利用できるところはこちら

信頼できるユニバーサルコーポレーション

みつけた!アイアイ不動産担保ローンの特徴

【メリットその1】見積もり・相談にかかる費用は無料! 見積もりだけの費用はかかりません 丁寧で分かりやすい説明 営業担当者はお客様に負担がかからないことを第一に考えます 【メリットその2】即日回答・最 ...

続きを見る

信頼できる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2021 All Rights Reserved.