父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

共有名義でも借りれる!不動産担保ローン

更新日:

共有名義とは?

共有名義とは、一つの不動産を誰かと共同で持っていることです。共有名義で不動産を持つといったケースは、『夫婦でお金を出し合って購入した不動産を共有名義で持っている』といった場合や『親の資金援助を得て不動産を購入し、親との共有名義で持っている』また、『親からの不動産を兄弟4人の共有名義で相続した』などのケースがあります。

実家の建物と敷地を兄弟で共有名義。これを担保としてお金を借りる方法

共有名義の建物を不動産担保ローンの担保にする場合、共有名義にしている名義人全員の承諾が必要になります。

自分と相手で9:1の持ち分であったとしても、相手の1割の持ち分を無視することはできないので、共有名義人にも内緒で不動産担保ローンを利用したいと思っても、共有名義だと内緒で借りることはできないのが実情です。

また、金融機関によっては、共有名義人の同意のあるなしに関係なく取り扱いしないというところもあるので注意が必要です。

共有持ち分について

共有名義には『持ち分』というものがあり、自分の名義となっている部分の不動産のことを指します。例えば2人で共有名義にしている場合、不動産の持ち分が5:5の場合もあれば、7:3や9:1といったケースもあります。

共有名義にしている不動産の自分の名義分だけを担保にすることはできるのかしら?
ユニバーサルコーポレーションでは、持ち分名義だけの不動産を担保にすることはできます。
自分の所有分でお金が借りられるんです

銀行などは共有名義の不動産での不動産担保ローンは扱っていないところが多く融資が受けられないこともありますが、不動産担保ローンを専門に扱っているユニバーサルコーポレーションでは共有名義の不動産に対応してくれるんです。

また、ユニバーサルコーポレーションは、共有名義の自分の持ち分の範囲内であれば、共有名義の相手に知られずにお金を借りることができるんです。

自分の持ち分でいくら借りれる?

自分一人が所有者の場合、不動産担保ローンで融資してもらえる金額の相場は、不動産評価額の7割前後です。共有名義での所有の場合、所有の比率で割ったより、融資額が少なくなるので注意が必要です。担保となる不動産の評価額が高ければ、持ち分だけの担保でも希望額を借りれる可能性はあると言えます。

共有名義の不動産を担保に融資してくれるところはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2021 All Rights Reserved.