父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

他人名義の不動産でもお金を借りることができる

更新日:

担保となる物件の名義は、融資を希望する本人名義でなくても大丈夫なんです。不動産担保ローンは基本、借り手本人名義の不動産であることが条件ではありますが、きちんとした同意を得られたときは他人名義であっても第三者の方の名義の担保物件において融資可能となる場合もあるんです。どの金融業者でもこの条件で借りられるわけではありませんので、対応している不動産担保ローンを扱っているところを探すことが必要になります。

必見 他人名義の不動産でも融資可能な不動産担保ローンはこちら

親名義の不動産担保ローンで融資を受けるには

不動産担保ローンで得られる融資において、融資額が大きいこともあり、事業用としても使用用途が広がります。銀行にしてもノンバンクの事業者にしても、不動産担保ローンにおいては使用用途も名義もそんなにうるさくいわないとのことです。特に、親名義の不動産担保ローンにおいては、同意があれば比較的簡単に融資ができるようです。

不動産担保ローンと生前贈与

所有者である親が署名捺印などができない、または、不動産担保ローンの同意も困難な場合は、親の同意なしに勝手に不動産担保ローンを契約することは難しいため、生前贈与の形で名義を変えて不動産担保ローンで融資をうけるという方法もあります。

贈与税に関しては、2,500万円までの税金控除があります。事前贈与の可能性も考え、親の同意意思が不可能な場合は生前贈与の方が良いかもしれません。親の健康状態などを考えながら不動産担保ローンと生前贈与の可能性を考えることが大切です。親名義の不動産担保ローンでは、同意さえあれば良く、名義人での親が連帯保証人になるということです。

親名義の不動産でもローンが組める?

親名義の不動産を担保にして不動産担保ローンを借りることはできますか? 親名義の不動産を担保にするには? 親名義の不動産を担保に融資を受けられるのかどうか疑問に持たれている方は多いかと思います。不動産所 ...

続きを見る

銀行、ノンバンク、どちらで借りるのがよいのでしょうか?

銀行で借りる場合

銀行からの不動産担保ローンは低金利ですが、審査は厳しいだけではなく、審査時間にも長くかかってしまいます。

ノンバンク、不動産担保ローン専門業者で借りる場合

高金利と言われていますが、審査に通りやすく、条件が合えばおすすめです。

銀行やノンバンクで不動産担保ローンを借りる

お金を借りたいけど、審査の条件が厳しく審査落ちしてしまったという方や融資実行までの時間が長いため間に合わない方など、資金繰りに頭を悩ます方もいることでしょう。そんな時におすすめなのが不動産担保ローンで ...

続きを見る

抵当権が第1位ではなくても住宅ローン返済中の不動産担保ローンにも対応しているのがノンバンクの不動産担保ローンの特徴といえます。親名義であったとしても、ブラックでも、返済中の不動産でも契約可能ということもあります。事業展開、おまとめローンなどにも対応していますので、まずは完済できるシミュレーションをおすすめします。

New! 簡単入力!無記名による診断もできるようになりました!

担保にできる物件とは?

不動産担保ローンで担保にできる物件 不動産担保ローンとは、不動産を担保にして金融機関から融資を受けるサービスのことです。利用するためには審査があり、融資を受ける人の返済能力と担保となる不動産の価値が評 ...

続きを見る

不動産担保ローンの審査は甘いって本当?

不動産担保ローンでいくら借りられる?

不動産担保ローンでは、対象となる不動産の評価額の6~7割程度といわれています。時価と言われていますが、評価額は金融業者が決定します。1,000万円の時価だとすると実際には600~700万円程度になるということになります。借入中に時価が下がれば、追加担保なども必要になるので注意が必要です。借入額が大きいのでカードローンなどよりは低金利といえるでしょう。カードローンでは、無担保、無保証人がメリットですが、不動産担保ローンでは有担保になるため低金利です。しかも返済期間が長期で、多く借りれるなどのメリットがあります。そして、契約者の属性もカードローンよりは厳しくありません。信用情報で不安がある方でも借りられるかもしれませんので、一度お問合せするといいかもしれません。

必見 まとまったお金でもスピーディーに融資してくれるところはこちらです!

多重債務のおまとめローン

多額の借入ができるので多重債務のおまとめローンにも対応。信用情報的には返済不安があるとしても不動産という担保があるので信用が上る。抵当権の書き換えなどの事務手数料はかかるものの、返済が長期になり、低金利な部分のメリットは大!

不動産担保ローンは、カードローンや消費者金融に比べると断然お得です。親に払ってもらうのではなく、親の不動産を借りて不動産担保ローンにするということは自分で返済という手段になるのです

不動産においては、固定資産税が納入されていることが必要です。税金の支払いがされていない場合は契約ができないことになるので確認しておきましょう。借入途中も当然固定資産税の支払いは続くので注意が必要です。また、地価が下がった場合は、借入のための担保提供や返済を請求されることもあります。地価にも左右されることになりますが、総量規制もなく、多額キャッシングが可能です。

必見 他人名義の不動産でも融資可能な不動産担保ローンはこちら

自分名義の不動産がないので、知人名義の不動産を担保にして不動産担保ローンの申し込みはできるのかどうか心配していましたが、ユニバーサルコーポレーションでは第三者提供の不動産担保ローンにも対応しているため、不動産の名義人である知人さまの同意があれば、不動産担保ローンを利用できるとのことでした。

他人名義の不動産を担保に融資が可能!信頼できる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2021 All Rights Reserved.