父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

定年退職しても借りれる不動産担保ローン

更新日:

定年退職しても不動産担保ローンなら借りることができる!

一般的に消費者金融や銀行のカードローンなどでお金を借りるには、年齢上限が設定されてるので年齢が高いほど審査に通る可能性は低い。年金だけが収入源という生活でも、急にお金が必要になってしまった時、どうしたらいいのか?60歳を過ぎても、新規の申し込みで融資を受けられる方法があるんだろうか?

(例)定年退職して現在は無職。新しく創業したい
希望金額:500万円
・使途:創業資金
・業種:コンピューター事業
・利用期間:10年以内
会社勤めでしたが定年を迎え退職しました。これから永年培った業種での起業を考えています。準備資金として500万円程必要なのですが、借り入れはできますか?
結果

自宅を担保に500万円の融資ができました。現在は事業実績がなくてもその将来性等を総合的に検討してくれました。創業用資金ということで総量規制の「例外規定」となり自宅を担保にすることができました。


お金が借りられるカードローンの年齢制限

【大手の消費者金融】

  • アイフル…20~69歳
  • プロミス…20~69歳
  • アコム…20~69歳
  • SMBCモビット…20~69歳
  • レイクALSA…20~69歳

どの金融会社も69歳まで。70歳を超えたらお金を借りることができなくなる?

【銀行】

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」…20~64歳
  • みずほ銀行カードローン…20~65歳
  • 三井住友銀行カードローン…20~65歳
  • イオン銀行…20歳~65歳未満
  • 楽天銀行…20歳~62歳未満
  • りそな銀行…20歳~60歳未満

銀行で借りるには65歳未満がほとんど。高齢になるにつれてお金を借りられるところも少なくなるのが現実。

比較的簡単な手続きで借りられるのがカードローン。カードローンは、事業性資金以外なら利用目的は自由なので、生活費が足りないときなど少額のお金を借りるのには最適。そして、カードローンは担保もなく保証人も必要がない。年齢制限があるので申し込みする人の年齢によっては返済能力があっても、お金を借りられない場合もあるので注意しなくてはならない。年齢が高くなると、定年退職をするのが一般的。それ以降はアルバイトやパートなどに移ったりと、だんだん職につくのは難しくなる。そして、年齢が高くなればなるほど、病気や怪我のリスクも高まることから、返済不能になる可能性が比較的高いと判断されてしまう。

年金は担保にできる?

60歳を超えた高齢者でもお金を借りられる可能性があるのが、大手の消費者金融ならばプロミスやアイフル、アコム、レイクALSAなど。年齢上限が70歳ぐらいまでになってるので、新規申し込み時に70歳を超えている場合は利用することができないけど、69歳以下の場合はその時の収入の状況によっては、お金を借りることができる可能性があるとか?!でも、会社を退職して年金暮らしをしている高齢者になると審査に通過することが難しくなるらしい。年金以外に安定収入がある場合は、借入が不可能ではないので、借入希望額を少額にして申し込みするのも一つの方法。

年金を担保にした公的融資

消費者金融や銀行カードローン以外に、年金を担保にお金を借りることができるのが公的な融資制度。これは、独立行政法人福祉医療機構というところが行っている「年金担保貸付」という制度のこと。もし年金収入でカードローンの契約ができなかった場合や年齢条件が原因で審査に通過できなかった場合は、この年金担保貸付を検討してみるのもひとつの方法。

年金担保貸付のメリット

・お金を借りる為の年齢上限が設けられていない

金利が年1.9%

年金担保貸付のデメリット

「連帯保証人」を立てる必要がある・・・何らかの原因で返済不能になった時は、連帯保証人に返済の義務が生まれることになるということ

年金収入からの天引きになる・・・毎月受け取る年金の金額が返済額の分だけが減ってしまうということ

年金担保貸付の返済期間は2年以内

年金以外に担保にすることができる物件を持っている場合

『不動産を担保にお金を借りる方法』と『生命保険でお金を借りる方法』があるって知ってますか?

リバースモーゲージと不動産担保ローン

リバースモーゲージとは?

持ち家に住んでいる人は、リバースモーゲージ家を担保にして老後の生活資金を借り入れするという方法もある。「リバースモーゲージ」とは、大手銀行や自治体が運営している貸付制度のこと。持っている家を担保に入れ融資を受け、その後本人が死亡した時は、担保にしている持ち家が売却されて一括返済するというもの。そのためリバースモーゲージは月々の返済は行わず、本人が死亡するまでの間ずっと借り続けることになる。リバースモーゲージのデメリットとしては、本人が死亡した後に、返済のために持ち家を売却することになるので、持ち家を家族のために残しておくことができないということ。

シニア世代に人気?!リバースモーゲージって何?

不動産担保ローンの扱いがあるところ>>>アイアイ不動産担保ローン 不動産担保ローンとは? 「不動産担保ローン」とは、不動産を担保にして融資するサービスのこと。例えば、クレジットカードのキャッシングなど ...

続きを見る

不動産担保ローンの扱いがあるところ>>>アイアイ不動産担保ローン

不動産担保ローンとは?

万が一、返済不能になった時のため、所有してる自らの自宅や土地などの不動産を担保に入れお金を借りるというサービス。不動産担保ローンは、担保に入れた物件を売却することが前提となっておらず、借りたお金の返済は、毎月1回、しっかり支払う契約になっている。不動産担保ローンで返済不能になったときは、担保に入れた不動産を売却することで返済することができるので、高齢者でも保証人なしである程度まとまったお金を低金利で借りられる場合がある。

不動産を担保にしたらどのくらい借りれる?

不動産を担保にすると、いくら融資してもらえる? 担保となる物件によって融資可能な金額は違うので一概には言えないものの、個人での利用の場合は、担保物件が1千万円程度の価値があれば、平均600万円ぐらいの ...

続きを見る

生命保険でお金を借りる「契約者貸付制度」

保険に加入しているのならば、その生命保険を利用してお金を借りることができるのが契約者貸付制度というもの。保険を解約せずに、後ほど返済することを前提にお金を借りる契約者貸付制度。生命保険の契約者貸付制度は、金利が低いというのがメリット。年2%~6%程度の金利。消費者金融の利率と比べると、大幅に低金利となるので、生命保険に加入しているならば検討してみてもいいかも・・・。

地元のシニアローン

地元の金融機関が提供しているものの一つがシニアローン。シニアローンとは、75歳前後まで申し込みができる年金受給者向けのフリーローンのこと。消費者金融のように、カードを使って必要な時に必要なだけ借りるという使い方は出来ないが、基本的に使用目的は自由で、金利は年5%程度の低金利。シニアローンを運営している銀行はそこまで多くはないが、地方銀行の中にシニアローンを扱っていれば年金担保融資よりも自由度が高いため利用しやすくるのがポイント。ただし、「年金担保融資」を既に利用している人は、シニアローンに申し込みする事はできないので注意!!

高齢でも不動産担保ローンは借りれる?

高齢でも借りることができるアイアイ不動産担保ローン 高齢者でも借りることができる不動産担保ローン 不動産担保ローンの融資相談で多いのが高齢者からのお問い合わせ。事業経営者で安定した収入がある場合や、不 ...

続きを見る

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.