父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

担保提供者が高齢の場合、不動産担保ローンで注意すること

投稿日:

不動産担保ローンの申し込みを検討されている方で、担保に設定する不動産の所有者がご高齢である場合には注意点があります。不動産担保ローンのサービスによっては不動産所有者の年齢に上限が設定されている場合や、不動産所有者がご高齢の場合は、認知症などによる意思判断能力の衰えがないということを証明する必要があります。

親名義の不動産を担保にするときの注意点

不動産担保ローンの申し込みをご検討中の方の中には、両親や祖父母名義の不動産を担保に設定したいとお考えの方も少なくないでしょう。

両親や祖父母が所有する不動産を担保に設定して不動産担保ローンを申し込むことはできますが、担保提供者である両親や祖父母の承諾が間違いなく得られていること、そして、不動産担保ローンにおいて、担保提供者がご高齢者の場合には、融資審査の際に認知症などによる意思判断能力の衰えがないかを証明する必要があります。

必見 自分名義の不動産を持っていなくても融資可能なんです!

家族所有の不動産でも借りれる!不動産担保ローン

家族所有の不動産 家族や親戚で不動産を相続したり、夫婦で住宅ローンを組んだときなど、その不動産の名義は共同名義になることも。相続の割合や不動産購入の際に負担した資金に応じて名義人ごとに「持ち分」と呼ば ...

続きを見る

担保提供者がご高齢の場合の融資審査とは?

不動産担保ローンを申し込むにあたり、担保提供者がご高齢の場合に追加される融資審査基準として、意思判断能力の確認があります。アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などにかかってしまっており、意思判断能力に衰えが見受けられる場合、担保不動産の提供者として認められない場合があります。なぜなら、悪意を持った第三者が、ご高齢者の意思判断能力が衰えていることを利用し、本人の意思に反して勝手に担保設定してしまうことを防ぐための審査基準になります。

不動産提供者がご高齢の場合には、認知症でないことや意思判断能力に衰えがないことを医師が発行する診断書によって証明したり、認知症でないことを調べる知能検査を行ったりすることが融資審査に含まれるといったケースがほとんどですので注意しておきましょう。

担保提供者がご高齢で担保とする不動産が地方にある場合

担保提供者がご高齢で、なおかつ担保に設定する不動産が地方にある物件という場合にも注意が必要です。

不動産担保ローンの融資審査で医師の診断書や知能検査から意思判断能力に問題がないと証明できたとしても、いよいよ契約という段階まで進んだら、契約時には担保提供者つまりご高齢の両親や祖父母が、不動産担保ローン会社の営業所や事務所へ行って契約をしなければならないというケースが大半です。もし、不動産担保提供するご高齢者の方が長距離の移動ができない場合、不動産担保ローンの契約ができないという場合もあります。不動産担保ローンの専門会社や金融機関によっては、ご高齢者がお住まいの地方まで出張し、契約手続きを行ってくれる会社もありますがその際には別途出張費が請求されることもあるんです。

しかしながら、ユニバーサルコーポレーションでは、担保となる不動産が地方にある場合でも不動産担保ローンの利用が可能なんです。

地方にある土地でも担保にできる不動産担保ローン

地方の不動産でも様々なニーズに対応 ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローン ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しい ...

続きを見る

融資契約事前説明が重要

担保提供者の年齢に関わらず、自分以外の第三者が所有する不動産を担保に不動産担保ローンを申し込む場合には、融資を申し込む前の事前説明が非常に重要になってきます。融資契約についての詳細を事前にきちんと説明し、承諾を得なければ、不動産担保ローンの申し込みをすることはできません。また、担保提供者がご高齢の場合には、融資条件に関する説明をしっかりと理解したうえでの判断ができるかどうか、担保提供者の意思判断能力が重要な審査審査基準となるわけです。

何らかの事情により返済計画通りの返済ができなくなってしまった、返済不能な状況に陥ってしまったという場合、担保設定した不動産を売却しなければいけなくなるため、担保提供した不動産は不動産担保ローン会社の手に渡ってしまうことになってしまいます。

必見 第三者担保提供ローンで融資してくれるところはこちらです!

まとめ

担保提供者がご高齢の場合の融資審査や、自分以外の第三者が所有する不動産を担保に不動産担保ローンを申し込む場合の注意点についてご理解できましたでしょうか?

ご高齢の方が所有する不動産を担保設定する場合は、担保提供者の意思判断能力が衰えていないことの証明が重要な融資審査項目となり、また、担保に設定する不動産が両親や祖父母の自宅であるという場合、万が一、返済不能となってしまっら、その不動産に住めなくなってしまう可能性があることなど、融資条件や契約内容について担保提供者に事前にきちんと説明し、承諾を得なければ融資を申し込むことができないということです。

ユニバーサルコーポレーションのアイアイ不動産担保ローン
ユニバーサルコーポレーションでは、銀行などの金融機関では難しいケースでも対応が可能。銀行の融資では間に合わない場合や銀行とは異なる基準で決算内容や業歴に関わらず今後の事業計画や返済計画をもとに審査するので大丈夫。しかも、全国対応・来店不要で取扱い可能!長期借入れができて資金繰りがラクになるのでとてもオススメ!


限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2021 All Rights Reserved.