父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

誰にも内緒で借りれる不動産担保ローン

更新日:

不動産担保ローンの利用、ここに注意!

①郵便物

一般的な金融会社から不動産担保ローンの融資をしてもらった場合、送られてくる郵送物に注意が必要です。カードローンなどの場合は「WEB明細で郵送物なし」というものもありますが、不動産担保ローンを借りた場合、後日郵送物で対応するケースが多い。少なくとも、借り入れ後に『ローン契約書』『返済予定表』は郵送されてくるので注意しましょう。そして定期的に送られてくる『利用明細書』もありますので気をつけましょう

注意すること

大手消費者金融のカードローンなどの場合は送付元がわからないように会社名が記載されていない封筒で送られてきますが、不動産担保ローンなどはそのような対応は取らないことが多いため、自分以外の配偶者や家族が先に開封してしまえば不動産担保ローンの利用がばれることになってしまいます

②不動産の抵当権設定登記

不動産担保ローンの場合は、不動産を担保にするため、金融機関(不動産担保ローン会社・銀行)の抵当権を登記しなければいけません。不動産の登記簿謄本・登記事項証明書には「抵当権」が記載されてしまうので、もし、家族が登記された不動産の情報を閲覧した場合はまれにばれることもあるので気をつけましょう

③返済できないときの督促

不動産担保ローンの返済を2か月~3か月滞納した場合:不動産担保ローン会社から『メールでの督促』『電話での督促』『郵便物での督促』が実行されます。事前に「家族にばれると困るので家に連絡しないでください」と伝えたとしても、「返済の期日」を破ると通用しなくなるので注意が必要です

返済遅延をした場合は、家にあらゆる方法で督促の連絡がくることになり家族に不動産担保ローンの利用がばれてしまうことに。それでも返済しなければ、裁判所から「差押通知書」「競売開始決定通知書」などが届いてしまうのでどうにもならなくなるのが現状です

誰にも内緒で不動産担保ローンを借りる方法

ノンバンクの不動産担保ローンで直接相談を

銀行の不動産担保ローンなどは、銀行のマニュアルが運用されるため、顧客ニーズに合わせた柔軟な対応というのはあまり期待できません。しかし、ノンバンクの不動産担保ローンの場合には、個別に相談することができるので一度、相談してみるといいでしょう。

『不動産担保ローンを家族にも内緒で借りたい』といった申し出があった場合、守秘義務があるため個人的な事情や情報について無断で他の方にお話しすることは絶対ありえません。家族の方であっても、申し込みいただいた本人以外の方は全て第三者となるためお話しすることはないとのこと。ユニバーサルコーポレーションではお客さまとの信頼関係を重要視しているため、守秘義務については徹底して遵守しているので特におすすめです

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

ユニバーサルコーポレーションの守秘義務

パターン①同居家族に内緒で借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンを借りたいと思っていますが、借りることを同居の家族にも知られたくありません。知られないように融資してもらうことはできますか?

ユニバーサルコーポレーションは守秘義務を徹底しており、望まない情報開示をすることはありません。同居のご家族の方に知られないようにという事であれば、携帯電話への連絡はもちろん、ご連絡する時間帯などにも配慮して対応しています。また、ご家族さまとの共有不動産についても内密のご融資にも対応しているので安心して利用できます

家族に内緒で借りれる!不動産担保ローン

家族に内緒で利用できる不動産担保ローン 不動産の権利には土地、建物両方の権利を単独で有する所有権もあれば、所有権利自体を複数で分け合う持ち分での共有権利もある。建物だけを所有して土地は借りるという借地 ...

続きを見る

まとめ

柔軟な対応ができるのはノンバンクの不動産担保ローン
信頼できる不動産担保ローン会社とは?

悪質な業者にダマされないためには 信頼できる業者かどうかを見極める 悪質な業者にダマされないために、業者選びにおいて最も大事なことは、金利が低いなどの融資条件ではなく、「信頼できる業者」を見つけること ...

続きを見る

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.