父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

急ぎで不動産担保ローンを借りるには

投稿日:

即日で不動産担保ローンを借りるには

審査に時間がかかるイメージがある不動産担保ローンですが、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローン会社なら2~3日での融資が可能です。しかも必要となる書類などが揃っていて、午前中に申し込むことができれば、その日のうちに融資してもらうことができるかもしれません。

必要な書類とは

本人確認書類

本人確認書類とは、個人が実在しているか確認するための必要書類となります。特に注意したいのは住所であり、住民票に記載されている住所と免許証などに記載されている住所が異なると審査が止まることがあります。住所変更が間に合わない時は、住民票などを補足書類として提出することで審査をクリアできるケースもあります。

・運転免許証
・運転経歴証明書
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書

収入確認書類

住民税決定通知書や源泉徴収票がない場合は、市役所で所得証明書や課税証明書を取得しましょう。また、源泉徴収票や所得証明書などがない場合は、直近2~3ヵ月分の給与明細書を添付すると良いです。
・住民税決定通知書
・源泉徴収票
・課税証明書
・所得証明書
・給与明細書

担保不動産の関係書類

担保不動産の関連書類は以下のものです。
・登記簿謄本
・公図(土地の位置関係が書かれている地図)
・建物図面(建物の配置図面)
・地積測量図(土地の測量図面)
・公課証明書(物件の課税評価額が記載された書類)
・評価証明書(物件にかかる固定資産税額が記載された書類)

登記簿謄本は、戸建て物件の場合、土地と建物の謄本は別ですので、最低2通が必要となります。登記簿謄本、公図、建物図面、地積測量図は法務局で取得することができます。これらの書類は誰でも申請すれば取得できるため、利用するローン会社が調査を行ってくれる場合もありますので、担当者に問い合わせすると良いでしょう。

しかし、公課証明書や評価証明書は、市役所・区役所で取得できますが、原則として本人による申請が必要となります。自治体によっては、毎年4月に送付されてくる固定資産税の納付書に評価額が記載された書類が付随している場合があり、この書類を評価証明書として使用することも可能です。

担保不動産のローン残高確認書類

担保とする予定の不動産にローンが残っている場合は、そのローンの残高を確認できる残高証明書が必要となります。ローン会社から送付されてくる残高証明書などを提出する必要がありますので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

即日融資ができる不動産担保ローンといえば

不動産担保ローン専門だからこそ
・審査ノウハウが大
・審査実績が多い
・審査の過去データが多い

ユニバーサルコーポレーションでは、調査・審査・融資実行までをスピーディーに対応してくれるため、三営業日以内にすぐにお金を貸してもらうことができます。今日中に振り込みする必要があるときや銀行から融資がおりるまでのつなぎなどにも利用可能です。

信頼できるユニバーサルコーポレーション

信頼できる不動産担保ローン会社とは?

悪質な業者にダマされないためには 悪質な業者にダマされないために、業者選びにおいて最も大事なことは、金利が低いなどの融資条件ではなく、「信頼できる業者」を見つけることが大事です。融資を受けるということ ...

続きを見る

みつけた!アイアイ不動産担保ローンの特徴

【メリットその1】見積もり・相談にかかる費用は無料! 見積もりだけの費用はかかりません 丁寧で分かりやすい説明 営業担当者はお客様に負担がかからないことを第一に考えます 【メリットその2】即日回答・最 ...

続きを見る

信頼できる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2023 All Rights Reserved.