父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

贈与税対策に利用できる不動産担保ローン

投稿日:

税金納付を資金使途にできる不動産担保ローンがある!住民税や固定資産税、国民健康保険税といった確定された税金以外の相続税や贈与税などの税金の対策にも不動産担保ローンが利用できる!

所有している不動産を生前贈与

おじいさん、おばあさんが所有している不動産を、自身の死後に相続問題などで親族間に争いが起こらないようにするために配偶者や子供たちへ生前贈与することが多い。贈与を受けた側は贈与を受けた翌年に贈与税を納付する義務が生じ、贈与を受ける不動産の価値や規模によっては相当高額な贈与税の納税義務が発生する可能性もある。そこで、贈与が確定したらあらかじめ贈与税がどのくらいの納付額になるのか試算しておくことが大切。

高額な贈与税、どうする?


贈与税を試算して相当高額な贈与税を納付することになった場合、自己資金が無ければ資金調達をする必要がある!

銀行やローン会社から資金調達を検討している場合


各金融機関の融資条件への注意が必要。銀行やローン会社によってはそもそも税金納付を資金使途として認めていないところや税金滞納明細書や納付書の提出を求めてくるノンバンクもあったり、銀行やローン会社によっては不動産担保ローンの利用が制限されることもあるので注意が必要!

支払う現金の資金調達


生前贈与は相続と違って物件所有者が自由に贈与する相手を選べるというメリットはあるが、自由度が高い反面どうしても課税される贈与税率は高くなってしまう。贈与した親族に贈与を受けなかった親族へ現金を支払うことなどをすることで親族間の争いを防ぐことができる。
もし、不動産の贈与を受けた親族Aが贈与を受けなかった親族BCへ現金を支払う等の取り決めがあったとき、資金となるお金がなかった場合、どうすることが一番いい方法なのか?税金納付以外の資金使途がある不動産贈与を受けた資金需要者は、ある程度の使い道が自由な不動産担保融資を取り扱っているローン会社を選ぶことが大切。

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。融資担当者に率直な資金使途を伝えることにより具体的な解決策を用いた不動産担保ローンを提案してくれるのでまずは担保融資相談からやってみるとよい。しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りもラクになることまちがいない!


限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利


Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.