父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

差し押さえの不動産を担保にできる?

更新日:

差し押さえを受けている不動産でローンを借りれるか?

不動産担保ローンを利用したい!だけど、担保にしたい不動産が差し押さえ・・・。差し押さえを受けている不動産で不動産担保ローンを利用できるのだろうか?

あきらめなくても大丈夫!

不動産が差し押さえられているけど、借りれる不動産担保ローンがある!

不動産専門業者なら借りれる可能性がある

不動産担保ローンを取り扱っている銀行や大手消費者金融などの金融機関においては差し押さえ物件に対しては不動産担保ローンを適用できないのが実情。だけど、不動産担保ローンに特化したノンバンクの専門業者であれば不動産担保ローンを利用できる可能性がある!

差し押さえがあっても不動産担保ローンが利用できるのはなぜ?

銀行や大手消費者金融は、差し押さえ物件に手を出してしまったらトラブルに巻き込まれることがあるかもしれないということを避けるために差し押さえられている物件などに関してはあらかじめ断るケースがほとんど。だけど、ノンバンクの不動産専門業者の場合は、なるべく審査を通しやすくしてくれるように融通を利かせてくれるところがある。差し押さえについては、ほとんどが不動産にかかる税金や固定資産税といった税金の未払いによる差し押さえが大半なので、未納分の税金を納税さえすれば差し押さえは解除されるということになる。

ココがポイント

税金の未納分を不動産担保ローンで支払うことができる

ココに注意

不動産にかかっている税金は必ず完納しなければならないので、融資金額から税金分を支払いに当てなければならない。そのため、融資と同時に納税を行い、納税証明書を提出することが必須条件となる

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。融資担当者に率直な資金使途を伝えることにより具体的な解決策を用いた不動産担保ローンを提案してくれるのでまずは担保融資相談からやってみるとよい。しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りもラクになることまちがいない!

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

固定資産税が未納でも借りれる不動産担保ローンはこちら

固定資産税にも使える不動産担保ローン

固定資産税未納?どうなる? 固定資産税の納付が遅れている。どうする?督促状や催告書が届いた! 固定資産税が払えないとこれからどうなる? 1 固定資産税を滞納する 2 督促状が送られてくる 3 金融機関 ...

続きを見る

不動産担保ローン専門業者

不動産担保ローンは、条件のよい人にしか利用できないと思われがちだけど、固定資産税などの税金未納で差し押さえが行われてしまっている物件でも不動産担保ローンを利用できるケースがある!仕方なく差し押さえをされてしまったというケースに手を差し伸べてくれる不動産担保ローン業者もある。

専門業者の注意ポイント


〇不動産担保ローンの適正な評価額以下の融資しか行わず、税金を払ってお金を融資、その後は知らない、といったケース
〇適正な不動産評価額を算出し、一番に税金の未納問題に取り組み、所有している不動産物件を有意義に活用できるようなプランを提案

悪質な業者には要注意

不動産担保ローンは多くの金融機関が取り扱っている商品の一つではあるが、信用していたはずの業者に裏切られ、また、悪条件での選択を迫られ、大事な財産を失うといった事例も多く存在するので注意が必要。

注意ポイント


「納税証明書はなくても大丈夫」と言ったり、「税金は払わなくても大丈夫」と勧めてくる金融業者は100%怪しいので絶対に借りないこと!お金も借りられないまま土地や建物をだまし取られてしまうといった可能性が十分に考えられるので注意すること。まずは、自分が利用しようとする業者が、金融庁管轄の日本貸金業協会に加盟している金融業者かどうか調べることが大事。日本では、日本貸金業協会に登録を行い認定を受けなければ違法になるので、日本貸金業協会に加盟していない金融業者は間違いなく悪徳業者か、詐欺の可能性があるので十分注意すること!

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.