父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

農地を担保にしてお金を借りる融資について

投稿日:

農地を担保にお金を借りる融資とは?

金融機関から農地を担保に融資を受けることを農地担保融資という。この農地担保融資の多くは「農業関係者が農業に関わる設備や運転資金などに使う」といった条件がつくなどの資金使途に制約が発生するとのこと。また、所有する農地を農地以外の利用目的として登記変更する「農地転用」により、所有する農地を担保提供して不動産担保融資を受けることができるというケースもある

農地転用によって土地を担保に融資を受ける方法があるって本当?

不動産担保ローンを申し込めない不動産

所有する土地や建物を担保に設定してローンを申し込むことを不動産担保ローンと呼び、個人や法人の資金調達の方法として活用することができる

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、自宅や土地などの不動産を担保にお金を借りることができるローンのこと。銀行や消費者金融、信販会社のキャッシング・カードローンのサービスは無担保でお金を借りることができる。不動産担保ローンは、不動産を担保として融資を行うので、ローンの申込者の信用力、担保として提供する不動産の価値に応じてお金を借りることができる。担保とする不動産は、自分名義の不動産だけでなく、両親や配偶者など他人名義であっても担保として提供が可能。一般的には、借りる方の信用力に不動産の価値がプラスされるので、まとまった資金の調達も可能になる

担保に設定することができない不動産


1.「再建築不可物件」
再建築不可物件とは、建築基準法に定められた必要条件を満たさない物件のこと。現在建っている建物を取り壊したとしてもその場所に新たな建物を建てることができない土地のこと
2.「農地」
農地が不動産担保ローンの担保に設定できないのは、不動産・土地としての価値が限定的であるということ。農地の取得や売買について『農地法』という法律で定められているため農地は農業用の土地としてしか利用できないこと、農地の取得は農業関係者でなければならないことなどが決められている。言いかえると、一般の人が自由に購入できる土地ではなく、農業以外の用途で利用することができない土地ということになる。そのため、不動産担保ローンの審査をする金融機関側としては、農地は売却が困難な不動産・土地であるために担保に設定することができない土地と判断する場合が多い

農地を担保にお金を借りる

農地法により取得や売買が制限されている農地を担保にお金を借りることはできないのか?

絶対に不可能というわけではなく、所有する農地を農地以外の利用目的として登記変更する「農地転用」により、所有する農地を担保提供して不動産担保融資を受けることができるというケースがある

農地転用が許可される可能性がある農地


すべての農地が農地転用できるわけではなく、農地転用が許可される可能性がある農地がある。それは「第3種農地」と呼ばれる市街地にある区域内の農地のことで、国や都道府県の方針として所有する農地があるエリア一体を市街地として整備していくことを決めているケースで、既に周辺には建物が建っていたりする場合も多い。そのなかで未だ農地のまま残された土地のことを「第3種農地」という。一方、生産性の高い優良農地と判断される「農用地区域内農地」の場合は、国の政策として農地転用が許可されていない。厳密にいうと、農地がある地域、都道府県によって農地転用の条件が異なるため、所有する農地を管轄する農業委員会への確認が必要となる

『農地転用』の流れ


農地転用許可申請書に必要となる提出資料を添付

農地委員会を経由

都道府県知事の許可を得る

農地転用が完了

所有する農地の農地転用が完了すると、その土地を担保に不動産担保ローンを申し込むことができるようになる!

農地転用ができなくても融資を申し込める場合がある

所有する農地が第3種農地ではなかった、農地転用の許可がおりなかったという場合でも農地を担保にした融資を申し込むことができるケースがある!

こんな場合におすすめ

  • 1.農業を行う場合の設備投資や運転資金のために農協などが行なっている融資
  • 2.「農地」のままであっても売り手がすぐにつくような土地

不動産担保ローンの審査を行うのはローン専門会社や銀行であり、その融資審査の結果、不動産として価値があると判断されさえすれば「農地」であっても担保に設定してはいけないという法律はないため、農地のままでも担保に設定できることもある。融資を受けることができるかどうかについては、不動産担保ローン専門会社や銀行に相談してみると良い!

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。銀行融資では間に合わない場合でも相談可能。銀行とは異なる基準で今後の事業計画や返済計画をもとに審査するので通りやすいとか?!しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りがラクに・・・。

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

地方でも借りれる不動産担保ローン

日本全国の不動産を対象 ローン会社が取り扱っている不動産担保ローンの融資実行までにかかるはやさは、担保不動産の借り入れ状況や担保不動産のエリアなど担保不動産を取り巻く内容や状況が大きく関わってくる。東 ...

続きを見る

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.