父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

不動産を担保にした資金づくり

更新日:

「不動産担保ローン」って聞いたことはあるけど内容がよくわからない

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは、不動産を担保にしてお金をご融資するサービスのこと。例えば、クレジットカードのキャッシングなどは、利用する人の信用力をもとにお金を融資してもらうというような「無担保」型。不動産担保ローンは、借りる人の信用力に加えて大切な資産(不動産)を担保にしてお金を融資してもらう「有担保」型ということ

不動産があれば必ず不動産担保ローンを利用できるの?

不動産があれば必ず利用できるということではないけど、まずは、担保価値を評価してもらうことが先決!それに相当する範囲内で融資してもらうことが可能になる。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンの魅力は「低金利で借りられ、融資額が高い」ということ

  1. 低金利
    低金利(実質年率8%~)で、総返済額が少なくできるというメリットがある
  2. 借りられる金額(限度額)が高い
    担保価値の余力にもよるけど、数百万円以上というまとまった金額の検討ができる

不動産担保ローンの利用に諸費用はかかるの?

不動産担保ローンを利用すると諸費用がかかる
・事務手数料
・不動産鑑定費用(実費など)
・印紙代
・(根)抵当権設定の登記費用

不動産担保ローンでかかる諸費用って何?

不動産担保ローンを借りるときのデメリット! 不動産担保ローンで発生する諸費用・手数料 借入時に発生するもの 事務手数料(事務取扱手数料) 印紙税 登記費用(登録免許税) 登記費用(司法書士報酬) 火災 ...

続きを見る

不動産担保ローンの調査費用は先払いしないといけませんか?
不動産担保ローンの諸費用は、融資された資金から諸費用分を差し引く形で行われますので調査費用を先支払いするのは稀です。調査費用は担保となる不動産の内容によって金額も変わります。また、ケースによっても異なるので、相談の際に机上調査でしたらお見積もりは無料で出すことができます


おすすめの『不動産担保ローン』はこちら

不動産を担保にして開業するために資金づくりはどうやればいい?
同じ不動産担保ローンでもどの金融機関から借りるかによって特徴が異なるので、それぞれの特徴を理解して最適な不動産担保ローンを選ぶことが大事!大まかに言うと、銀行の不動産担保ローンは金利が最も低いけど、融資を受けるまでに時間がかかることも。個人の信用情報に自信がない方や急ぎで資金を必要とされる場合は、ノンバンクの不動産担保ローンの利用がおすすめ!
銀行やノンバンクで不動産担保ローンを借りる

融資を受けたいけど融資審査の条件が厳しく審査落ちした、融資実行までの時間が長いため間に合わないなど、資金繰りに頭を悩ます経営者もいることでしょう!そんな時におすすめなのが不動産担保ローン。無担保ローン ...

続きを見る

借りやすさで判断するとノンバンク!
借りやすい不動産担保ローンはノンバンク!

融資実行がダントツ早いのは不動産担保ローン専門業者。インターネット申し込みOK!来店せずに全国各地からの申し込みが可能! 今すぐにお金が必要な方はこちら>>アイアイ不動産担保ローン 使途自由 ノンバン ...

続きを見る


アイアイ不動産担保ローンについて

まずは返済シミュレーションしてみるとわかりやすい!

簡単にできるシミュレーションはこちら

無理のない返済計画

年利4.0%~12.0%
返済期間 最長35年 / 融資金額 最高5億円

自分名義でなくても大丈夫

所有の不動産(土地・建物)を担保に融資を行う不動産担保ローンなので、家族や第三者の方が所有されている不動産、共有名義の不動産でも条件が揃っていれば融資可能。事業資金など大口融資を検討されている方は特におすすめのローン

不動産担保ローン

年利4.0%からの低金利ローン

所有不動産を担保とする有担保ローンのため、低金利での融資が可能。長期で借り入れをしても支払総額を安くできる

無理のない返済計画を立てやすい

返済期間は最長35年まで設定が可能。融資額にもよるけれど、可能な範囲で長期ローンを組み、無理なくゆとりのある返済計画を立てやすいという点が不動産担保ローンの特徴

使途自由

不動産担保ローンは、使途に制限のないフリーローン。使用目的に関する見積もりの提出の必要がなく、一度の借り入れで複数の目的に使用することも可能

個人向けなのか?法人向けなのか?
不動産担保ローンは資金使途自由のローンだけど、個人向けの不動産担保ローン法人向けの担保ローンには違いがあるので注意!

  • 個人向け不動産担保ローン → プライベート資金で使途自由(事業資金には利用できない
  • 法人向け不動産担保ローン → 事業性資金で使途自由(プライベート資金には利用できない
  • 個人事業主向け不動産担保ローン → 事業性資金も、プライベート資金も、使途自由
「プライベートな資金に使うのか?」「ビジネスの資金に使うのか?」まずは確認を!!

■法人・事業主様

不動産の資産価値を重視し、法人・事業主様のビジネスの拡大や新規事業展開をサポート!決算内容、所得金額、設立年数に関わらず、事業計画・事業意欲・将来性などから返済能力を総合的に審査!

設備投資・運転資金・事業者ローンの借り換え

アイアイ事業者向け不動産担保ローンって?

アイアイ事業者向け不動産担保ローンとは アイアイ事業者向け不動産担保ローンは、株式会社ユニバーサルコーポレーションが提供している法人、個人事業主向けの不動産担保ローンのこと。株式会社ユニバーサルコーポ ...

続きを見る

■不動産業者様

スピード審査、スピード融資に努め、不動産業者様のビジネスチャンスを確実にサポート!転売用不動産の購入資金・競売物件購入資金・分譲用地購入資金などにおすすめ。

転売用不動産の購入・競売物件の購入・分譲用地の購入

■個人

個人の消費性資金から、個人事業主の方の事業性資金まで、幅広い用途に自由に利用可能総量規制対象外で年収の3分の1を超える借り入れも可能

リフォーム・新築資金・教育資金・自動車購入資金

アイアイ個人向け不動産担保ローンって?

アイアイ個人向け不動産担保ローンとは アイアイ個人向け不動産担保ローンは、株式会社ユニバーサルコーポレーションが提供している法人・個人向けの不動産担保ローンのこと。株式会社ユニバーサルコーポレーション ...

続きを見る

現在収入がなくても審査OK!

不動産担保ローンは、利用者の信用情報ではなく、担保となる不動産の価値に応じて融資を決めるので、現在収入がない場合でも、不動産に十分な価値があれば融資の対象となるので、担保にする不動産(土地・建物)の情報を詳しく知らせることが大切。

無職でも不動産担保ローンで融資してもらえるって本当?
無職でも借りられる不動産担保ローン

「無職」で不動産担保ローンを借りる方法 自宅はあるけど、今、無職。急にお金が必要になった場合、お金を借りる方法はある? 無職の状況に応じて貸してくれることがある! 🔳「無職」だけど不動 ...

続きを見る

総量規制対象外

不動産を担保とするローンは総量規制による制限を受けないので、すでに借り入れがある場合でも審査の上で返済可能と判断されれば融資可能になることもあるとか?!

おすすめの『不動産担保ローン』はこちら>>

サービス詳細

資金使途 自由
金利 年利4.0%~12.0%
遅延損害金 年20.0%
収入証明 必要
返済期間 最長35年(1回~420回)
返済方法 元利均等返済・元金一括返済
保証人 原則として不要
融資金額 30万円~5億円(5億以上要相談)
担保 抵当権の順位は不問
融資迄 日本全国対応可能!
審査時間は最短3時間でお振込みまで最短10分!
(所有権・底地・借地・担保提供・共有持分可能)

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.