父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

底地でも担保にできる不動産担保ローン

投稿日:

建物所有者の権利が付着している土地を担保にすることができるのか?

底地ってなに?


底地とは借地権が付いた土地のこと。地主がその土地を第三者に貸して地代収入を得ている土地のことをいう。底地でピンとこない場合は、貸地または貸宅地ともいう。土地の貸借契約が発生すると貸した地主と借りた借地人にそれぞれ土地の権利が分与。完全所有権となった土地の権利が分与されると、土地は「底地」と「借地権」という在り方に変わる。地主には土地(底地)の所有権、借地人には土地の利用権(借地権)が与えられて1つの土地に複数人の権利が交錯することになる。底地には土地の所有権しかないため自由に家や建物を建設するなどの土地利用ができなくなる。一方、借地権には「建物を建てる目的で土地を借りる」という前提のもとで借りて利用している間は地主に地代を支払う義務が発生することになる

底地は担保設定できるのか?

所有している土地に第三者の建物が立っているものがあります。この土地を不動産担保ローンの担保にできますか?

こういった底地のケースでは建物所有者(借地権者)の権利が付着しているため、万が一の際に回収のめどがつきにくいこともあって担保として取り扱わない金融機関もある。ユニバーサルコーポレーションは不動産担保ローンを専門に取り扱う融資会社なのでこのようなケースにおいても取り扱いの実績あり。通常の相場より融資できる金額は少なくなる傾向にはあるものの、建物を所有している方との契約内容によって金額も異なるが融資できることもある

底地と借地の違い

借地権のついた土地:「底地」

底地には底地権という権利が存在。これは、所有者である地主さんが借地人さんに土地を貸して借地人さんが建物を建てることを認める代わりに、地代という賃料を受け取るほか契約更新や借地権の譲渡、増改築、借地条件の変更などの際に借地人さんから一定の金銭をもらえる権利のこと。

☆底地の所有者:「地主さん」 別名「底地権者」(そこちけんじゃ)ともいう

借地権つきの建物が建っている:「借地」

「借地」とは、文字通り他人から借りている土地のこと。土地を借りた人はそこに建物を建てるなどして利用が可能。このときに地主さんが設定した、「借主(借地人)が建物の所有を目的として土地を利用する権利」を「借地権」という。言い換えると「他の人から借りた土地の上に建てた建物を自分のものとする権利」のこと

☆土地を借りている人を「借地人さん」 別名「借地権者」ともいう

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローン

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。銀行融資では間に合わない場合でも相談可能。銀行とは異なる基準で今後の事業計画や返済計画をもとに審査するので通りやすいとか?!しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りがラクに・・・。


限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

全国どこの場所の土地でも大丈夫!底地を担保にして借りれるところ

地方にある土地でも担保にできる不動産担保ローン

地方の不動産でも様々なニーズに対応 ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローン ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しい ...

続きを見る

信頼できる『アイアイ不動産担保ローン』

みつけた!アイアイ不動産担保ローンの特徴

【メリットその1】見積もり・相談にかかる費用は無料! 見積もりだけの費用はかかりません 丁寧で分かりやすい説明 営業担当者はお客様に負担がかからないことを第一に考えます 【メリットその2】即日回答・最 ...

続きを見る

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.