父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

不動産担保ローンの借り換え・おまとめとは?

更新日:

必見 借り換え・おまとめをお考えの方は不動産担保ローンがおすすめです

『借り換え』と『おまとめ』の違い

ローンの借り換えとは

A銀行で500万円の借入をしている場合

  1. B銀行で500万円を借り換え目的で借入れ
  2. 500万円でA銀行に完済
  3. B銀行の債務のみが500万円残る
「A銀行にあった500万円の債務」を「B銀行500万円の債務」に移行することを「借り換え」というんです。

ローンのおまとめとは

  • A銀行で300万円の借入
  • B銀行で200万円の借入
  • C銀行で100万円の借入

3社で借り入れている場合

  1. D銀行で600万円をおまとめ目的で借入れ
  2. 600万円でA銀行、B銀行、C銀行に完済
  3. D銀行の債務のみが600万円残る
このように「A銀行300万円、B銀行200万円、C銀行100万円の債務」を「D銀行600万円の債務」に移行することを「おまとめ」と言うんです。

必見 借り換え・おまとめをお考えの方は不動産担保ローンがおすすめです

不動産担保ローンでの『借り換え・おまとめ』とは?

他のローン(不動産担保ローンも含む)から、不動産担保ローンへ「借り換え」「おまとめ」をすることをいいます。

「借り換え」や「おまとめ」は、高金利のローンから、低金利のローンへ債務を移すことにより返済額が軽減することが目的になります。もし、低金利のローンから不動産担保ローンへの「借り換え」「おまとめ」するときは返済額が少なくなるかどうかを確認するといいですね。
想定される借り換えのパターン
■ 個人の場合
  • キャッシング → 不動産担保ローン
  • カードローン → 不動産担保ローン
  • クレジットカードのキャッシング・リボ払い → 不動産担保ローン
  • 高金利の自動車ローン → 低金利の不動産担保ローン
  • 高金利の不動産担保ローン → 低金利の不動産担保ローン
■ 法人、個人事業主の場合
  • 銀行融資 → 不動産担保ローン
  • ビジネスローン → 不動産担保ローン
  • 高金利の不動産担保ローン → 低金利の不動産担保ローン
  • 高金利の売掛担保ローン → 低金利の不動産担保ローン

金利が低金利になれば返済負担が軽減されます

不動産担保ローンの金利は無担保ローン(カードローン、キャッシング、ビジネスローン)と比較すると低金利になるので、適用される金利が借り換えによって低くなることにより、利息・毎月の返済額・総返済額といったすべての金額が安くなるといえます
■借り換えシミュレーション

現在、金利14.5%でカードローン100万円を借りているとします。もし、年率9.85%のアイアイ不動産個人向け担保ローンに借り換えたとすると・・・

借り換えなかった場合 借り換えた場合 借り換え効果
毎月返済額 23,528円 18,415円 5,113円
ボーナス月加算額 0円 0円 0円
年間返済額 282,336円 220,980円 61,356円
総返済額(支払総額) 1,411,663円 1,270,364円 141,299円
金利が14.5%から9.85%に下がることで141,299円も総返済額が減額されることになりますね。毎月の返済額も23,528円から18,415円で、5,113円も安くなっています。不動産担保ローンへ借り換える最大のメリットといえます。

借り換え・おまとめを希望する方、信頼できる不動産担保ローンはこちら

借入可能期間が長くなっても返済負担が減るんです!

無担保ローンの返済期間というのは、カードローン、ビジネスローンで最長5年~10年というのが一般的です。しかし、不動産担保ローンというのは、最長20年~35年という長期のローンが可能になります。土地などの不動産担保の資産価値は、なかなか落ちないので長期の借入が可能になるんです。
金利10.0%で借り入れている場合、借入期間が異なれば毎月の返済額は大きく変わるでしょう!

■金利10.0%のビジネスローン、5年返済、1,000万円を借入れた場合

毎月の返済額:212,470円

■金利10.0%の不動産担保ローン、35年返済、1,000万円を借入れた場合

毎月の返済額:85,967円

追加の借入れも可能?

無担保ローンの場合、担保がないため借りられる金額は少額の設定となっています。

●カードローンの場合:最大500万円(限度額)
※年収400万円の正社員の場合、初回で借りられるのは最大100万円程度といえます。

●不動産担保ローンの場合:最大1億円~10億円(限度額)

不動産担保ローンで借りられる金額は「不動産の担保価値×70%」です。2,000万円の不動産を担保にした場合は、1,400万円まで借りられるということになります。カードローン100万円で借りていた場合、不動産担保ローンに借り換えた場合、1,300万円追加で借りられる可能性が出てくるということになります。

おまとめすると返済日が月1回になるので管理がしやすい

不動産担保ローンでおまとめをする場合、返済日が1日になるので資金繰りの計画が立てやすくなります。

※4社の借入がある場合 → おまとめする
月に5日、10日、25日、30日と4回の返済日  →  毎月1回返済すればいいことになります

不動産担保ローンで他社の借り入れをまとめることはできるのかしら?
ユニバーサルコーポレーションは、資金の使いみちが自由となっているので、おまとめローンとしても利用することができるんです。一般的に無担保ローンは金利が高く設定されていますので、不動産担保ローンのような金利の低い有担保ローンに一本化して借り換えることにより総返済額や月々の返済額を減らすことができるようになります。また、ユニバーサルコーポレーションでは無料で見積もりも出してくれます。

審査に通りやすいと評判!信頼できる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2021 All Rights Reserved.