父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

【土地を売る】買取業者と仲介業者の違いとは?

更新日:

不動産を売却する方法には、買取業者に売る方法仲介業者を通して買主を探して売る方法 2つがあるとのこと。

どちらのサービスを使った方がおすすめなんだろう?

買取サービスを利用した方がオススメ

  • ✓早く現金化したい!
  • ✓周りに知られたくない!
  • ✓売却に時間がかけられない!!

仲介業者サービスを利用した方がオススメ

  • ✓なるべく高く売りたい!
  • ✓周りに知られても大丈夫!
  • ✓売却に時間の余裕がある!

買取業者と仲介業者の違いって何?

違いは、不動産の売る相手が異なること。買取業者を利用する場合は、物件の買い手は不動産会社仲介業者を利用する場合は、物件の買い手は一般の人になるってこと!

買取業者サービスを利用する場合

メリット

買取業者を利用する場合は、多くのメリットがある。最大のメリットは、すぐに現金を得られるということ。価格交渉がまとまれば契約してお金を受け取り、物件の引き渡しをして完了。広告活動や見学会なども行う必要がないため周囲の人に物件を売却することを知られる心配もない!もし、現在住んでいる家の土地を仲介業者に依頼して売却するということになると、賃貸物件に移り住んで空き家にする必要がある。買取業者を利用するとこのような面倒はなくなる。そして、仲介手数料も不要

デメリット

最も大きなデメリットは、仲介業者を利用する場合と比べて価格が安くなってしまうこと。地域や物件にもよるが、一般的に1~3割ほど安くなってしまう。そのため、時間をかけてじっくりと買い手を見つけたいという人は仲介業者を選ぶことがオススメ。なかなか買い手が見つからずに時間ばかりが過ぎてしまうと、売却価格がどんどん下がってしまうこともあるので注意が必要!

仲介業者サービスを利用する場合

メリット

仲介業者を利用する一番のメリットは、やはり買取業者と比べ不動産を高く売ることができる可能性があるという点。しかし、仲介業者を利用して物件の売却をする場合、必ずしも査定価格がそのまま売却価格とはならないので注意が必要。査定価格が相場より高かったとしても売れない期間が長引けば価格の見直しが必要になってくる。また、購入希望者から価格交渉をされることもあるので注意!

デメリット

仲介業者のデメリットは、いつ物件が売れるかわからないということ。住宅ローンを組んで購入していた不動産の場合は、ローンを完済できるだけの資金がなければ売却ができないので、仲介業者を利用する場合、売れない期間が長引くと値下げを検討していくことになる。その結果、売却価格がローン残債を下回ってしまう可能性も出てくることに。また、業者を通して一般の人に物件を売る場合、引き渡し後にも買い手とトラブルになってしまうリスクがあるという点にも注意が必要。

●買取と仲介の比較●

買取 仲介
仲介手数料 不要 必要
売却期間 短い 長い
瑕疵担保責任 免除 有(1~3ヶ月が多い)
売却の事実 知られない 知られる
売却価格 市場価格より1~3割安くなる 市場価格
不利になりやすい条件 築浅物件・条件の良い物件 築古物件・条件の悪い物件

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.