父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

多種多様な理由で借りることができる不動産担保ローン

更新日:

不動産担保ローンってなに?

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、自宅や土地などの不動産を担保にお金を借りることができるローンのこと。銀行や消費者金融、信販会社のキャッシング・カードローンのサービスは無担保でお金を借りることができる。不動産担保ローンは、不動産を担保として融資を行うので、ローンの申込者の信用力、担保として提供する不動産の価値に応じてお金を借りることができる。担保とする不動産は、自分名義の不動産だけでなく、両親や配偶者など他人名義であっても担保として提供が可能。一般的には、借りる方の信用力に不動産の価値がプラスされるので、まとまった資金の調達も可能になる

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリットについて

  • 高額な融資も可能
  • 融資が受けやすい
  • 低金利 ⇒ おまとめや借り換えに
  • 使用目的に幅がある
  • 長く借りて月々の返済を低く
  • 自分が不動産を持ってなくてもOK
1.高額な融資も可能

不動産担保ローンでは3,000万円、中には1億円まで借りられるものもある。消費者金融のカードローンは最大800万円、銀行のカードローンでも最大1,000万円が上限なので比べてみるとかなり高額な融資が可能。もちろん不動産の価値にもよるので借入限度額と実際に借りられる金額は同じではないけれども、高額融資が必要な方で対象となる不動産を持っている場合は特におすすめなローンと言える

2.融資が受けやすい

不動産担保ローンはお金を返すことが難しくなったら不動産を売って返済に充てることになるため、カードローンに比べ貸す側が貸し倒れになる確率が低くなるので融資を受けやすいとのこと。また、原則連帯保証人も要らない。

3.低金利 ⇒ おまとめや借り換えに

金利を比較

  • 不動産担保ローン:1%~9%
  • ノンバンクのカードローン:3%~18%
  • 銀行のカードローン:3%~14%

※不動産担保ローンの金利は無担保のカードローンに比べて低い金利となっていることがわかる

低金利のため、「借り換え」や複数のローンをまとめる「おまとめ」として不動産担保ローンを利用すると、返済総額を低くすることができる!おまとめとして利用する時は金利に注意し、高い金利のものだけまとめて利用するようにすることがおすすめ

4.長期の借入で月々の返済を低く設定する

不動産担保ローンは返済期間が20~30年と長いので、月々の返済額を低く設定することができるので、事業計画や資金繰りしやすいので事業資金利用にも適している。借り換えをして月々の返済に余裕をもたせることも可能

5.自分名義の不動産を持ってなくても借りれる

借入先にもよるが、自分所有ではない、実父母、実兄弟姉妹、配偶者の持っている不動産でも借入が可能。この場合、担保を提供してくれた人に連帯保証人になってもらうこともある

自分名義の不動産がなくても借りれる!不動産担保ローン

不動産担保ローンは金利も低く、数百万円から数千万円、人によっては数億円のまとまった資金を借りることが可能。ただ、不動産担保ローンには必ず担保の不動産が必要となる。担保がなければそもそも借りることができ ...

続きを見る

6.使用目的の幅

カードローンでは事業用を目的とした借入はできない。しかも無担保の事業者ローンでは不動産担保ローンほど高額な借入はできないのが現状。しかし、不動産担保ローンの使途は比較的自由なものが多く、資金や見積書を提出することで事業用資金として利用できるものもある

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンのデメリットについて

  • すぐに融資が難しい
  • 必要書類が多い
  • 返済できないと不動産を手放すことになる
  • 諸費用がかかる
1.すぐの融資が難しい

不動産担保ローンは、審査で不動産の資産価値について調べるため時間がかかることも。カードローンでは即日融資可能なものも多数あるが、不動産担保ローンは7日ぐらいかかる場合もあるので申し込みする際は注意しておくことが必要!

2.必要な書類が多い

無担保のカードローンは本人確認資料(場合により収入証明書)の提出でお金を借りることができるが、不動産担保ローンはたくさんの書類が必要となる。必要書類のなかには法務局に出向く必要があるものもあるため確認しておくことが大事

  • 必要書類:公図、土地・建物登記簿謄本、地積測量図、建物図面、返済予定表、間取図(マンション)、法人登記謄本、定款、など
3.返済できないと不動産を手放すことに

返済ができなくなると、担保に入れた不動産を売って返済する、もしくは借入先が抵当権を実行して強制競売により返済となり、どちらしても不動産を手放すことになる

4.諸費用がかかる
不動産鑑定費用、事務手数料、抵当権設定の登記費用、印紙代など
不動産担保ローンでかかる諸費用って何?

不動産担保ローンを借りるときのデメリット! 不動産担保ローンで発生する諸費用・手数料 借入時に発生するもの 事務手数料(事務取扱手数料) 印紙税 登記費用(登録免許税) 登記費用(司法書士報酬) 火災 ...

続きを見る

キャッシングするときには必要ないものだけど、「諸費用」が不動産担保ローンには必要となる。手数料は「融資額の2%」など融資額により異なる。融資額が高くなればなるほど高額となるので注意!

おすすめな不動産担保ローン

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンなら、生活資金でも教育資金など、さまざまな資金使途に利用が可能なんです!

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。融資担当者に率直な資金使途を伝えることにより具体的な解決策を用いた不動産担保ローンを提案してくれるのでまずは担保融資相談からやってみるとよい。しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りもラクになることまちがいない!

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

一般的な金融機関の不動産担保ローンの金利は年率10%を超えていることが多いこともあり、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンでは、変動金利年率4%~と一般的な「不動産担保ローン」と比較すると金利を低く抑えられる可能性がある!

こんな場合でも不動産担保ローンで借りることができるんです!

事例①仕入れ資金がどうしても足りない

理容業を父親から継いで営んでいたAさん。経年劣化によりシャンプー台などの設備が複数台壊れてしまったとのこと。この機材は必要不可欠なものなので、理容業の経営を続けるには機材を新調するための資金が至急必要になった。しかし、銀行や金融機関との付き合いがなかったため相談する機関もなかったので、ノンバンクのユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンで検討したとのこと。

しかし、担保となる不動産が父親名義の戸建ての自宅。自分名義ではなく父親名義でも同意を得ることができれば、融資を受けることが可能とのこと

事例②資金繰りが苦しくなった

町工場を営んでいるBさん。不景気の煽りを受けて資金繰りが厳しい状態になったため、運転資金及び納税資金を確保することが必要になり、銀行に相談したが、担保物件の築年数が築43年だったため、古いなどの理由で融資を断られてしまった、とのこと。銀行は法定耐用年数に応じた抵当権を設定するため、木造は22年、鉄筋コンクリートは47年等と定められているとのこと。しかし、ノンバンクのユニバーサルコーポレーションでは、築年数の古い物件についても独自の審査評価につき、物件評価の引き上げのポイントを見つけ出すことで対応してくれたとのこと。

築年数の古い建物を担保にできる

築年数が20年以上経っている物件でも不動産担保ローンが利用できた! 一般的に築年数の古いものは評価が低くなる傾向にあるので、築何十年というような物件は銀行では融資の担保対象にならないことがほとんど。だ ...

続きを見る

信頼できるアイアイ不動産担保ローン

こんなケースにも対応!アイアイ不動産担保ローン

ユニバーサルコーポレーションのアイアイ不動産担保ローン ユニバーサルの長期返済に感謝 事情があって転職しましたが、収入が減ってしまい住宅ローンも滞りがち。幸い自宅以外にも所有不動産があり、他の銀行に借 ...

続きを見る

みつけた!アイアイ不動産担保ローンの特徴

【メリットその1】見積もり・相談にかかる費用は無料! 見積もりだけの費用はかかりません 丁寧で分かりやすい説明 営業担当者はお客様に負担がかからないことを第一に考えます 【メリットその2】即日回答・最 ...

続きを見る

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.