父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

土地を担保にする融資ってどんなものがある?

投稿日:

不動産担保ローンの種類

融資の種類

  • 住宅ローン
  • 不動産担保ローン
  • 法人融資

住宅ローン

住宅ローンとは、個人で住宅の新築や中古住宅の購入やリフォームなどの住宅に関連した資金を借りる際に利用するローンのことです。新築するところの土地建てた住宅を担保として融資を受けるものです。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、不動産を担保として融資を受けるものです。資金の使い道は原則として事業資金を除いて自由に使うことができるローンです。担保とする不動産は基本的に借りる人本人が所有する不動産で、銀行によっては他の金融機関で担保を入れているものであっても融資可能としている銀行もあります。本人の信用力ではなく、不動産の評価額を基準に融資を行うので、銀行や消費者金融などから融資を断られた場合でも借りることができる可能性があります。

このため、複数のカードローンやキャッシングなどを抱えた人がおまとめに使用するという活用方法もあります。

複数のローンをおまとめするなら不動産担保ローン

複数ローンのおまとめに不動産担保ローンを活用! 複数の会社からカードローンでお金を借りていますが、金利が高くてなかなか返済が進みません。管理が面倒なので負担を軽くする方法はないですか? カードローンは ...

続きを見る

法人融資

法人融資とは、法人や個人事業主などが借りる事業性資金を融資するものです。担保が必要のないものもありますが、担保を入れることによって継続的により多くの資金調達が可能となります。使い道自由な不動産担保ローンは、メガバンクよりもネット銀行が得意としており、消費者金融では、アコムやプロミスなどのメジャーな消費者金融よりも、不動産担保ローンを専門としている貸金業者の方が得意としています。貸付金額は1億円など高額まで対応していることも多いですが、貸付金利は10%程度の高金利となっていることが一般的です。例えば、1億円を金利10%で借りた場合は、利息だけで年間1,000万円にもなってしまうので、借りすぎないということが大切です。

不動産担保ローンの特徴

一般金融機関の不動産担保ローン

  • 比較的金利は低い
  • 取り扱う不動産は首都圏のみ
  • 先順位があると利用できない

不動産担保ローンはもしもの時に不動産を売却することができるからこそ比較的低金利で融資を受けることができます。銀行の不動産担保ローンはほかの不動産担保ローンよりも金利が低く、3〜10%程度でお金を借りることが可能ですが、審査に1ヵ月もかかることもありますので、急ぎでお金が必要な方には不向きと言えます。

大手消費者金融の不動産担保ローン

  • 先順位があっても取り扱い可能
  • 金利は銀行カードローンと変わらない
  • 融資限度額は少なめ
  • 首都圏の不動産意外は借り入れは難しい

金利はカードローンとそれほど変わらない法定金利ギリギリに設定されていることが多いです。大手消費者金融の不動産担保ローンは先順位がある不動産でも、その不動産に担保余力がある場合には融資を受けられることもありますが、取り扱ってくれる不動産は銀行と同じく、都市部の流動性と価値が高い不動産に限定されます。

ノンバンク系の不動産担保ローン

  • 金利が意外と低い
  • 本人や親族以外の不動産でも取り扱い可能
  • 融資までに時間がかからない
  • 地方の土地でも担保利用できる
  • 融資実行時や解約時に多額の手数料が発生することもある

ノンバンク系の不動産担保ローンは、金利が3%程度に設定されている業者も存在します。一般的には大手消費者金融よりも金利が低く設定されています。また、本人や親族ではない第3者の土地や建物でも担保として取り扱いが可能なので、不動産を持っていない人でも、土地所有者の同意さえあれば借り入れることが可能な場合もあります。

他人名義の不動産でもお金を借りることができる

担保となる物件の名義は、融資を希望する本人名義でなくても大丈夫なんです。不動産担保ローンは基本、借り手本人名義の不動産であることが条件ではありますが、きちんとした同意を得られたときは他人名義であっても ...

続きを見る

また、ノンバンク系の不動産担保ローンの中には、全国の不動産に対応している業者も多いので、地方部にしか土地を持っていないという人でも不動産担保ローンを借りることができる可能性もあります。

日本全国どこでも融資可能!不動産担保ローン

全国どこでも融資可能 ユニバーサルコーポレーションの融資エリアは、関東・首都圏エリアから茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県を中心に、北海道から沖縄県まで日本全国を対応しています。 ...

続きを見る

そして、先順位がついている不動産でも利用することも可能です。金利が低く、様々な人が利用することができるというメリットがある半面、手数料が高いのがデメリットです。融資実行時に借入額の3%程度の手数料が必要になることも珍しくありません。期日前に一括返済する場合には違約金として融資残高の1%程度が必要になる業者も存在するので注意が必要です。

ただし、審査は銀行や大手消費者金融よりも緩いので、審査に自信がない人や、銀行や大手消費者金融から断られてしまったという人にはおすすめです。

第二抵当権でも借りれる!不動産担保ローン

二番抵当権は不動産担保ローンは借りにくい?不動産担保ローンの抵当権について ローン返済中の物件も担保にできる 住宅ローンが残っていた場合、担保に余力があり第二抵当の融資を実行してくれる金融会社であれば ...

続きを見る

不動産担保ローンは返済できない場合には、不動産が差し押さえられてしまいます。他人や親戚の土地を担保にする場合には、土地所有者に大きな迷惑がかかってしまうことにもなるので、他人の不動産を利用して不動産担保ローンを借りる場合には、くれぐれも返済に遅れないこと!!

おすすめな不動産担保ローン

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは、資金使途自由なので、事業資金などにも利用することができます。他のローンと比較すると融資限度額の上限が高く、また、返済期間も長く設定されていることが多いです。使用目的が限定されていないため自由に利用することが可能です。

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つです。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応しています。しかも、全国に対応しており、来店不要で、第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りもラクになることまちがいないでしょう。

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~15.00%の低金利

一般的な金融機関の不動産担保ローンの金利は年率10%を超えていることが多いこともあり、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンでは、変動金利年率4%~と一般的な「不動産担保ローン」と比較すると金利を低く抑えられる可能性があります。

ユニバーサルコーポレーション

アイアイ不動産担保ローン
URL ユニバーサルコーポレーション
融資金額 最高5億円
年率 4.0%~15.0%
必要書類 免許証
健康保険証
直近2か月の給与明細もしくは源泉徴収票
登記簿謄本  ほか
保証人 原則不要

信頼できる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2023 All Rights Reserved.