父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

第二抵当権でも借りれる!不動産担保ローン

更新日:

二番抵当権は不動産担保ローンは借りにくい?不動産担保ローンの抵当権について

ローン返済中の物件も担保にできる

住宅ローンが残っていても、担保に余力があり第二抵当の融資を実行してくれる金融会社であれば、不動産担保ローンを利用することは可能。住宅ローンを組むと、通常は銀行などの金融機関が物件の第一抵当になっているので、不動産担保ローンを利用すると金融会社は抵当権を第二順位で設定することになる。

第二抵当の融資ってなに?
抵当権の順位とは

弁済を受ける権利の優先順位のこと

抵当権は、一つの物件に何個でも設定することができる

【例】アパート賃貸経営のために4,500万円の借金。しかし経営が上手くいかずに返済できなくなり、アパートは裁判所の「競売」で売却されることになった。4,500万円で売却できれば、借金は全部返済できることになる。「競売」は「競り方式」で一番高い価格を提示した方が落札するものであり、市場価格の6割~7割程度になってしまうことが大半。このような場合、全額弁済できない金額で落札されることになってしまうことも。もし、4,500万円の物件を3,500万円での落札だった場合

B社から2,000万円、C社から1,500万円、D社から1,000万円の借金
3,500万円から1番抵当の「債権者:B社」に2,000万円を返済、残りの1,500万円から2番抵当の「債権者:C社」に1,500万円を返済、抵当権設定のしていない「債権者:D社」には返済できないということに。抵当権設定をしていなかった「債権者:D社」は、「1,000万円貸していたのにまったく返ってこなかった。」となってしまう。3番抵当であればこのようなことが起きてしまうということに

一番貸し倒れリスクが低いのが1番抵当ということになる

第二抵当でも借りられる場合

第二抵当でも不動産担保ローンを利用できる場合もある。第二抵当として融資をうける場合、不動産の価値とローン借入額のバランスをみて審査が行われることになる。担保とする不動産の価値が高く、今までの融資額と新たに借りたい金額を上回っているときは同じ不動産を担保に新しい融資を受けることができることになる。

貸してくれる金融機関

住宅ローンの抵当権が付いていたり、他社の抵当権が第一順位で設定されている場合は、同じ不動産を担保に融資を受けようとすると、融資元の金融会社は抵当権を第二順位で設定することになるので、注意が必要。銀行などの金融機関によっては第一順位でしか融資しないところもあるけれど、ノンバンク系の融資会社の中には柔軟に対応してくれるところもある。また、抵当権の順位に関わらず、担保余力や希望金額によっては融資してもらえることもあるので、一度問合せしてみることがおすすめ。

第二抵当でも借りれる不動産担保ローンはこちら>>

ユニバーサルコーポレーションの方に問い合わせたみた!

抵当権第二位ですが、借りることはできますか
以前、『銀行の住宅ローンを返済している途中ですが、この不動産を担保にして融資してもらうことはできますか?』という質問をいただいたことがございます。このような場合、抵当権第2順位でのご融資ということになります。第2順位の場合、金融機関によっては取り扱っていないところもありますが、弊社では原則として抵当順位は問いません。第2順位以下でのご融資も可能です。ただし弊社では無理なローンプランはお勧めしておりませんので、不動産に担保余力がある場合に限りのご融資となります。

不動産担保融資を専門に扱っている会社なので、不動産関係のことなら非常に経験が豊富。二番抵当であったり利用上の制限がある物件でも、評価して融資につなげてくれるので、一度問い合わせてみることがオススメ!

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.