父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

家賃が払えないときは『住居確保給付金』に頼る

投稿日:

コロナ禍により離職した方、やむを得ず廃業してしまった方は、収入がなくなってしまい、自宅の家賃の支払いに困っている方もいるのではないでしょうか?家賃が払えなくなって住居を失えば、再就職活動や新たな事業活動に専念するのも難しくなるでしょう。

このような時に利用できるのは『住居確保給付金』です

このような状況にある場合は、自治体に申請することによって『住居確保給付金』を受給できる可能性があります。もともと『住居確保給付金』は失業者向けの制度でありますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により収入が減少している人が増えてきたため、令和2年4月20日から受給資格が緩和されることになりました。これまでは受給資格を満たさなかった人でも、やむを得ない休業等が理由で家賃が払えない場合は住居確保給付金を受給できるかもしれません

住居確保給付金とは

住居確保給付金とは、離職や廃業などにより住居を失った、または住居を失う恐れがある人に対して一定期間支給される給付金のことになります。仕事を失って家賃が払えない状態になっても『住居確保給付金』を受給することができれば家賃支払いの補填ができ、再就職活動にも専念することができます。

住居確保給付金の主な支給要件について

  • 離職・廃業をした日から2年以内、またはやむを得ない休業等により収入が減少していること
  • 収入が基準額を超えていないこと
  • 資産が一定額以下(100万円を超えない額)であること
  • 上記の状態になる前に世帯の生計を主として維持していたこと
  • ハローワークに求職の申し込みをすること

『住居確保給付金』を受給するには?

収入・資産基準額や支給家賃額の上限は自治体によって異なるため『住居確保給付金』の受給を希望する場合は申請予定の自治体に確認することが大切です。受給期間は原則3か月間ですが、一定の要件を満たす場合は最長9か月間まで延長される可能性があります

厚生労働省が住居確保給付金の対象を拡大へ

厚生労働省が拡大した住居確保給付金の受給対象について

年齢制限が撤廃された

これまでは「65歳未満」という年齢制限がありましたが、今回の緩和で年齢制限が撤廃されることになりました

離職と同程度の状況にある人も受給対象へ

離職・廃業から2年内の人のみが対象でしたが、やむを得ない休業などで離職と同程度の状況にある人(自営業者・フリーランスなど)も対象に追加されています

求職活動の要件も緩和

「ハローワークで月2回以上の職業相談」「自治体で月4回以上の面接支援」といった求職活動の要件も緩和されました。申請時にハローワークへの仮登録を行う必要はありますが、フリーランスや自営業者は現在の就業形態を維持しつつ、アルバイトなどで当面の生活費をまかなうことも可能とのことです

住居確保給付金の手続きの流れ

住居確保給付金の受給を希望する場合は、必要書類を用意したうえで、各自治体の担当窓口に相談することが必要

住居確保給付金を受給するための必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民票・戸籍謄本など)
  • 離職関係書類(離職票など、2年以内に離職したことが確認できる書類)
  • 収入関係書類(申請者および同居親族の給与明細、年金の通知など)
  • 金融資産関係書類(申請者および同居親族の預金通帳)
  • 求職受付票(ハローワークで発行されるもの)

「離職と同程度の状況にあること」の証明としての必要な書類

  • 労働条件が確認できる労働契約書類
  • 勤務日数や勤務時間の縮減が確認できるシフト表
  • 店舗の営業日や営業時間の減少が確認できる書類
  • 注文主からの発注取り消し・減少が確認できる書類
  • 社会福祉協議会の特例貸付が行われたことがわかる書類

公的支援を活用しても資金不足の時は

このような公的支援を活用しても不足がある場合や何かの事情で利用できないときは他の方法を検討する必要があります。 その方法の1つが不動産担保ローンです

不動産担保ローンとは

土地や一戸建て、マンションなどの不動産を担保にして借りるローンになります。資金使途としては使途が限定されないフリーローンや事業資金専用の商品もあり、担保とするのは一般的には本人名義の不動産が対象ですが、金融機関によっては配偶者や親族の名義でも利用できる場合があります。なかでもおすすめな会社がユニバーサルコーポレーションです

ココがおすすめ

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。融資担当者に率直な資金使途を伝えることにより具体的な解決策を用いた不動産担保ローンを提案してくれるのでまずは担保融資相談からやってみるとよい。しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りもラクになることまちがいない!

限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

一般的な金融機関の不動産担保ローンの金利は年率10%を超えていることが多いこともあり、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンでは、変動金利年率4%~と一般的な「不動産担保ローン」と比較すると金利を低く抑えられる可能性があります

 ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンの活用方法

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.