父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

葬儀費用に200万必要!カードローン、不動産担保ローン、どちらを利用する?

更新日:

急に親の体調が悪化。

準備もままならないままに葬儀をすることに。そんなとき、葬儀費用を捻出するにはどうしたらいいでしょう?

急な葬儀費用に対処できる方法とローンを利用

葬儀費用に200万円

父親が他界し、その際にかかる葬儀費用が200万円ほど。母親も5年前に亡くなり、身内は自分のみ。葬儀の費用を父親の銀行口座から引き出そうと思ったら凍結されてしまっていた。このようなときにはどのようにすればいいでしょうか?

仮払いの申請

亡くなった父親の銀行口座からお金を引き出すには遺産分割協議が成立して相続手続をしてからになるものの、仮払いするといった方法もある!

仮払いの3つの方法

  • (1)相続人全員の同意書を金融機関の窓口に提出して申請する
  • (2)他の相続人の同意なく金融機関の窓口で申請する
  • (3)家庭裁判所に申し立てる

このように仮払いするには3つの方法があるので、取り組みやすいものを選ぶといいでしょう。

残高は全額仮払いできますか?
相続人全員の同意書があれば、全額引き出すことができます。同意書がない場合は、一定の上限額が設けられていて、その上限は、法務省令で一つの金融機関から仮払いを受けられる金額の上限150万円の範囲内で計算された額になっています
手元資金がない場合
入院費の支払いもあるので、手元資金はあまり残りません。そのような時はカードローンを利用するしかないのでしょうか?
カードローンは即日融資されるなど、手っ取り早いでしょう。しかし、何より金利が高いですし、毎月返済額と返済日の設定のみで具体的な返済期限が設定されていないのが現状です。計画的にしておく必要もありますし、今後の負担がとても心配です。何か不動産はお持ちでしょうか?
父から生前贈与された実家と貸家があります
不動産を担保に借入する方法
生前贈与された自身の不動産を担保に借入をする方法があります

不動産をお持ちなら不動産担保ローンがおすすめ

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、自宅や土地などの不動産を担保にお金を借りることができるローンのこと。銀行や消費者金融、信販会社のキャッシング・カードローンのサービスは無担保でお金を借りることができる。不動産担保ローンは、不動産を担保として融資を行うので、ローンの申込者の信用力、担保として提供する不動産の価値に応じてお金を借りることができる。担保とする不動産は、自分名義の不動産だけでなく、両親や配偶者など他人名義であっても担保として提供が可能。一般的には、借りる方の信用力に不動産の価値がプラスされるので、まとまった資金の調達も可能になる

不動産担保ローンと一般的なカードローンの特徴について

不動産担保ローン カードローン
(無担保型)
担保 不動産 なし
金利 低め 高め
借入期間 長期可能 設定なし(毎月返済額と返済日のみ設定)
融資までの時間 1週間程度 即日可能
対象者 所有者本人のほか、
家族でも可能
本人
保証 原則不要
(担保提供者など保証人を必要とする場合もある)
不要

複数の使い分けする方法

不動産担保ローンは、審査があるので融資されるまで数日から1週間程度の時間がかかってしまいますが、ユニバーサルコーポレーションでは早めの融資も行っています。一度、お問合せしてみてはいかがしょうか?
あと、つなぎ的にカードローンを使う方法もありかと思います。その場合は、不動産担保ローンがOKになったら、すぐにカードローンから借り換えをすれば、カードローンの金利負担も抑えられ、ずるずると完済が延びるリスクも避けられるかと思います

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.