父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

住宅ローン返済中でも借りれる!不動産担保ローン

更新日:

住宅ローン返済中でも不動産担保ローンを借りれる?

住宅ローンの残債がある場合、銀行から追加融資を受けるのは難しいですが、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンでは融資してもらうことも可能です。抵当権の入った担保物件であっても住宅ローンがある程度返済が進んでいる状態であれば、不動産の担保としての余力が期待できるため、融資できる可能性があるということになります。

不動産担保ローンの利用限度額について

何年間も返済している方と、まだ数年しか返済をしていない方の不動産担保ローンの利用限度額は違います。

不動産担保ローンでは、完済された状態での担保物件の評価額の7割程度が利用限度額になることが多いですが、抵当権の分は計算されないため、住宅ローンを返済中の場合、不動産担保ローンの利用ができたとしても、その抵当権分が多い場合は、融資が受けられないことになりますので注意しましょう。

住宅ローン返済中でも不動産担保ローンが利用できるのは?

不動産担保ローンの融資は、担保物件がありますので、比較的高い金額が期待できるとされていますが、これは完済した状態の話です。住宅ローン返済中の場合は、銀行などの金融機関が定める不動産評価額から住宅ローンの残債務を差し引き、その上7割程度が融資額になります。

2000万円の不動産評価額の担保物件の場合、現在1000万円返済しているとします。2000万円の7割が1400万円、完済したものであれば、これが利用限度額になります。住宅ローンの残債務の1000万円が更に引かれると残りは400万円ということになります。第二抵当権の段階では400万円の融資が可能ということになります。
消費者金融などで、多額の借金がある場合、この不動産担保ローンの400万円で返済できるということも考えられますので、利用は様々です。
不動産担保ローンをおまとめローンとして使用し、住宅ローンとともに不動産担保ローンの返済が多重債務のときよりも無理なくできるのであれば、第二抵当権であったとしても利用価値はありますね。

必見 抵当に入っている物件も評価してくれるところ

2番抵当でも融資してくれる不動産担保ローンはこちら

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2022 All Rights Reserved.