父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

追加融資もできる不動産担保ローン

更新日:

同じ担保での追加融資OK

返済中のローンがあります。同じ担保で追加融資してもらえますか?

ある程度返済が進んでいて不動産に担保余力がある状態であれば、同じ担保での融資も可能になるとのこと。以前の融資した際に調査した情報などがあるためもあるためスピーディーに手続きを済ませることができるよう。返済が進んでいない場合は、別の不動産を担保にして融資となるケースもあるので相談してみるのも一つの手。

追加融資などに必要になる書類は?

不動産担保ローンでは、既に担保にしている不動産で追加融資を行うケースや、住宅ローンが残っている不動産に第二抵当として融資するケースがある。こうした抵当権が二位以下の不動産担保ローンは、銀行など金融機関によっては取り扱いがないところも。取り扱いがあっても必ず融資ができるわけではないけど、担保不動産に担保としての余力があれば、その担保力に見合った融資が可能。もし、第二抵当以下での不動産担保ローンの融資を希望する場合は、担保不動産のローン残高を確認できるもの(残高証明書・返済予定表など)の提出が必要とのこと。

他社からの借り入れがある場合

不動産担保ローンは有担保ローンになるため、追加融資の希望には添いやすいローンとなっているとのこと。担保にする不動産が現在の住まいでご自宅の場合、総量規制の対象となるため年収の3分の1までの融資金額となる。すでに年収の3分の1の金額の借り入れがある場合は、担保があっても不動産担保ローンは利用できないことになる。しかし、担保不動産が自宅以外のものであれば、総量規制に関係なく、不動産評価を主軸とした審査にて融資することが可能となる。


他社から借り入れ中でも、不動産担保ローンは借りれますか?

返済中のローンがあっても大丈夫。個人や法人を問わずスピーディーに対応してくれるところはユニバーサルコーポレーション。急にまとまった資金を用意する必要がある時は、即日融資にも対応しているアイアイ不動産担保ローン利用がオススメ!

不動産担保ローンで複数社からの借り入れを一つにまとめたり、金利の高い無担保ローンから金利の低い不動産担保ローンに借り換えることも可能。不動産を担保にした新たな借り入れということであれば、担保不動産・年収・返済能力などにもよって融資金額が変わってくるとのこと。追加で融資してくれることもあるので一度相談してみるのもいいかも。

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは審査の通りやすい不動産担保ローンの一つ。銀行などの金融機関では難しいケースにも対応。銀行融資では間に合わない場合でも相談可能。銀行とは異なる基準で今後の事業計画や返済計画をもとに審査するので通りやすいとか?!しかも、全国対応・来店不要・第三者の不動産でも取扱い可能で長期借入れもできて資金繰りがラクに・・・。


限度額は最大5億円
返済期間は35年以内で自分のペースで返済が可能
審査可決後の振込み対応は最短10分
利率は4.00%~12.00%の低金利

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.