父から譲り受けた土地がある。この土地を売るか?土地を担保にして融資を受けるか?土地の売却、不動産担保ローンについて調べてみることにした。損をしない一番いい方法とは?

【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる!

住宅ローン返済中でも借りれる!不動産担保ローン

更新日:

住宅ローン返済中でも不動産担保ローンを借りれる?

住宅ローンがあるのに不動産担保ローンが利用できるなんて、ちょっと意外?!だけど、一部の場合においてはできることもあるとか?!金融機関によって様々みたいだけど、抵当権の入った担保物件でも不動産担保ローン対象になっているところであればいいとのこと。住宅ローン返済中の抵当権は支払先になっているので実際はあまり扱うことはできないらしいが・・・。財産としても、まだ抵当権先にあることで不動産担保ローンの対象範囲は当然少なくなる?!

3000万円で購入したマンションや、家の住宅ローンを返済をしている場合
何年間も返済している方と、まだ数年しか返済をしていない方の不動産担保ローンの利用限度額は違うということ!不動産担保ローンでは、完済された状態での担保物件の評価額の7割程度が利用限度額になることが多い。しかし、抵当権の分は計算されないので、住宅ローン返済中でも不動産担保ローンが利用できても、その抵当権分が多ければ当然融資も受けられないことになる!

金融機関によっては、最初から抵当権のある物件はお断りしているところもあるので注意!支払いをしている物件に対してのローン契約はできないと決めているところもある!銀行などでは必ず第一抵当権であることが条件としてあるので、銀行系では住宅ローン返済中の不動産担保ローンは無理ということに。

住宅ローン返済中でも不動産担保ローンが考えられるのはどんな場合?

不動産担保ローンの融資は、担保物件があるので、比較的高い金額が期待できるとされているが、これは完済した状態の話。住宅ローン返済中の場合は、銀行などの金融機関が定める不動産評価額から住宅ローンの残債務を差し引き、その上7割程度が融資額になる。

2000万円の不動産評価額の担保物件の場合、現在1000万円しか返済していないとする。ということは、2000万円の7割で1400万円、完済したものであれば、これが利用限度額になるということ。ここから残債務の1000万円が更に引かれて400万円。ということで、2000万円の担保物件で、第二抵当権の段階では400万円の融資のみということになる!それも、この金額がMAXの限度額とされている。不動産評価額が下落した場合、
追加担保の提出か、下落した分の返済をしなければならない事態になってしまうことも。

第二抵当権はあまり期待できないが、どうしても必要な金額なら、第二抵当権であろうとも、不動産担保ローンの検討の余地はあることも。

消費者金融などで、多額の借金がある場合(多重債務)。
金利が高くてこの不動産担保ローンの400万円で返済できることも。金利なども計算に入れないといけないが、多重債務の場合はこのようなケースも考えられる!

不動産担保ローンをおまとめローンとして使用し、住宅ローンとともに不動産担保ローンの返済が多重債務のときよりも無理なくできるのなら、第二抵当権であったとしても利用価値はある!!この場合、借金原資は変わらないので、返済額を確認、シミュレーションを行ってから、申込みをするのが得策?!

Copyright© 【お金を借りる】土地や不動産を担保にしてローンを借りる! , 2020 All Rights Reserved.